ピンクゼリー 失敗

ピンクゼリーは産み分けに失敗しないのか?

本物のピンクゼリーはジュンビーだけ。管理医療機器の認定済み!
 ↓ ↓ ↓




ピンクゼリーは産み分けに失敗しないのか検証してみました。


そもそも「ピンクゼリー」は、ジュンビー株式会社の登録商標です。今では産み分けゼリーの女の子用を総称して「ピンクゼリー」と呼んでいるので混乱して認識している人も多いです。男の子、女の子産み分けゼリーは産婦人科で処方してもらうものと通販で買えるものが存在します。


病院で処方されるものを使うのが安全のような気がするけれど、これは病院と提携して開発されたピンクゼリーです。そして産婦人科医と共同開発し、管理医療機器の認証を受けた唯一の産み分けゼリーなのです。

つまり、「ピンクゼリー」は、ジュンビー株式会社のものを使用するのがベストでしょう。

詳しくは下記参照↓↓↓

ピンクゼリーは管理医療機器と雑貨の2種類があります

ピンクゼリーと呼ばれる商品はいろいろあるが、本物はジュンビー株式会社のものだけです。実は他社のピンクゼリーは雑貨商品扱いなのです。有名なベイビーサポートやハローベビーガールは管理医療機器じゃなくて雑貨商品なので本来は膣内に挿入できないものです。

やはり体内に入れるものなので安全安心にこだわりたいですよね。厚生労働省が認証した正規品はジュンビーのピンクゼリーだけなのです。

「ピンクゼリー」で検索すると類似品がたくさん出てきます。
公式サイトから購入するのが特典や返金保証もあっていいですよ。
 ↓ ↓ ↓



ピンクゼリーの失敗率は何%?

ピンクゼリーについて調べた結果、成功率は70〜80%が目安のようです。つまり失敗率は20〜30%。この確率をどう思われますか?

実はピンクゼリーを使う以前に女の子を授かりやすくするポイントがあるのです。

・排卵日2日前の性交渉
・淡泊な性交渉

ピンクゼリーはあくまでも「産み分けを補助するもの」ですから、上のポイントを実行したうえで使うのが確率を高めてくれるでしょう。


「やっぱり使っておけばよかった」と後悔しないように、ピンクゼリーを使ってチャレンジしてみましょう。
結果は女の子でも男の子でも大切な家族が増えることには間違いありません。




赤ちゃんの性別は精子の種類で決まる

赤ちゃんの性別は、受精するときの
精子の種類によって決まります。

精子には染色体の異なる
X精子とY精子があり、

X精子が受精すると女の子

Y精子が受精すると男の子

を授かります。

X精子とY精子は
それぞれ特徴があり、

【X精子の特徴】
・酸性に強い
・寿命が2〜3日
・Y精子の半分の数
・動きが遅い

【Y精子の特徴】
・アルカリ性に強い
・寿命が1日前後
・X精子の2倍の数
・動きが早い

これらの特徴を踏まえて
産み分けをするのですが

精子レースを繰り広げる
膣内の環境がレース結果を
大きく左右します。

膣内環境(PH値)が性別を左右する

膣内は、外部からの雑菌から身を守るため
普段は酸性で保たれています。

しかし、排卵日の間近になると
アルカリ性になることがわかっています。

膣内環境の変化と精子の特徴を踏まえると、

▼女の子が欲しい場合
排卵日の2?3日前にセックスをする


▼男の子が欲しい場合
排卵日の日(or1日前)にセックスをする

そうすることで希望の性別の確率を
上げることができます。

しかし、この産み分け方法は
妊娠という視点で考えたときに
やめたほうがよい場合もあります。

産み分けをしないほうがいい人もいる

産み分けが向いていないケースは
下記が当てはまります。

・初産の場合
・高齢出産の場合

なぜ向いていないのかというと
排卵日の何日前にセックスをするという
制限があることで、産み分けの前に
妊娠する可能性を低めてしまうことです。

そんな方にも産み分けを実践できるのが
産み分けゼリーです。

産み分けゼリーの特徴


産み分けゼリーは、セックスの前に
膣内にゼリーを注入することで
酸性とアルカリ性をコントロールします。

外的にコントロールできることで
排卵日の周期で変わる膣内環境の変化に
合わせることがなくなります。

二人目や三人目で産み分けをしたい人から
初産、高齢出産の方まで使用できるのが
特徴になります。

そんな産み分けゼリーの中でも
新たに発売された大本命の商品が
ジュンビ―株式会社から新発売される
「ピンクゼリー」です!

ピンクゼリーを使って障害が?

ピンクゼリーを使うにあたって心配する声を聞きます。ピンクゼリーを使っても失敗する、
授かった子供に障害が出てしまうんじゃないか?という噂話を聞いて不安になる人がいるようです。
障害の内容は発達障害や性同一性障害といった噂話が多いようです。結論から言うとこれらは根拠のないデタラメです。
噂話を追求していくと男の子になるはずだった子をお腹の中で女の子に無理やり変えてしまったから
という無茶苦茶な理由なのですが、そもそもピンクゼリーは性別を変えるものではありません。

そしてママの思い込みがあるかもしれません。自分のわがままで男の子をピンクゼリーで女の子に
変えてしまった・・・など後ろめたい感情があるのかも。

妊娠、出産、子育ては不安多いのでが感情的になるのもわかりますが、ピンクゼリーの仕組み上
そんなことはありません。

ピンクゼリーは膣内を酸性にして受精したときに女の子になる確率を上げるお手伝いをするだけのものです。
精子の種類はX精子とY精子の2種類がありX精子が受精すると女の子、Y精子が受精すると男の子なので
ピンクゼリーはX精子を受精しやすい環境を整えるというものなのです。


噂話は気にしないで自分の気持ちに正直に妊活しましょう。

排卵日2日前のタイミング

女の子を授かりたいなら排卵日の2日前が効果的っていうウワサを聞いたことがあります。
じゃあタイミングや排卵日がズレたらどうしたらいいの?
というわけで調査しました。


女の子を授かるには膣内を酸性にするというのは以前から言われていました。逆に男の子を
授かるにはアルカリ性にするといいらしいのです。つまり排卵日2日前は膣内が酸性になっている
のです。

そして精子にはX精子(女の子)とY精子(男の子)の2種類があり、「X精子は強くて」「Y精子は弱い」らしいのです。

仮に噂どおり排卵日の2日前にタイミングを計って行為をした場合、


※排卵日2日前(膣内は酸性)

・Y精子・・・徐々に弱っていく

・X精子・・・強いから耐えている



※排卵日当日(膣内はアルカリ性)

・Y精子・・・復活して卵子へGO!

・X精子・・・Y精子に追い抜かれる


このままだと授かる可能性が高いのは男の子になりますよね。

ここでピンクゼリーの登場です。

膣内を酸性にする働きがあるのでX精子に有利になり女の子を授かる可能性が充分に高まるでしょう。

確率を上げるには

産み分けをしたいという感情は2人目以降の妊娠を意識したときだといいます。
1人目の男の子のかわいさは充分にわかっていますが、女の子特有の可愛らしさも
欲しくなってしまいます。

授かるお子さんが男の子になるか女の子になるのかはどの段階で決まるのかを知っておけば
女の子を授かる確率がグンと高まるでしょう。


・精子には耐性がある
精子の寿命は2〜3日と言われています。
そしてアルカリ性に強い精子(Y精子)と酸性に強い精子(X精子)が存在します。
アルカリ性、酸性というのは膣内の環境のことです。
女の子を授かるには酸性に強いX精子が必要なのです。


・女の子を授かるには膣内を酸性にする
前述したとおり酸性に強いX精子が活躍するのが酸性になっている膣内です。
性的な興奮が高まると膣内はアルカリ性になるので男の子を授かりやすくなります。
反対に性的興奮を抑えたら膣内は酸性になるので女の子を授かりやすくなります。
セックスの濃淡で産み分けの確率は変わってくるでしょう。
女の子を授かりたいときは淡白なセックスが効果的なのでダンナさんの強力も必要です。

産婦人科でも購入できる

産み分けゼリーは産婦人科で購入することもできます。ただし全ての産婦人科で扱っている
わけではないので、診療前に調べてから受診するといいでしょう。
受診しようとしている産婦人科のホームページに「産み分け」について記載がなければ
電話やメールでも答えてくれます。

あと意外かもしれませんが、病院で処方されるピンクゼリーは成分非公表のものが多いです。前述したとおり
ジュンビーのピンクゼリー以外は雑貨扱いなので、管理医療機器のピンクゼリーのほうが安心できますよね。
私は断然ジュンビーのピンクゼリーをオススメします。

ジュンビー以外は雑貨って・・・違法じゃないの?

ジュンビーのピンクゼリー公式サイトには

「雑貨として販売されている類似品は体内に使用できません」

と謳っています。


ここで当然

じゃあ、雑貨扱いのピンクゼリーは違法なのでは?

って思いますよね。というわけで調べてみました。



通常、タンポン形状の

・産み分けゼリー
・妊活ゼリー
・単なる性交用潤滑ゼリー

は雑貨扱いで販売されています。


薬機法上での分類は医薬品、健康食品、化粧品、雑品(雑貨)となっており

・ 口から体内に内服するものは医薬品か健康食品。

このうち、医薬成分が含まれておらず、かつ、効能をうたっていなければ健康食品。
(どちらかに該当すれば医薬品)

・内服しないものは医薬品か化粧品か雑品。

「人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、又は皮膚若しくは
毛髪をすこやかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で
使用されることが目的とされている物で、人体に対する作用が緩和なもの」は化粧品。
それを超える効能をうたっているものは医薬品。そのどちらにも属しないものは雑品。


上記に当てはめてみると、ピンクゼリーは雑貨扱いでOKなんですね。

ではジュンビーのピンクゼリー公式サイトにある「雑貨として販売されている類似品は体内に使用できません」というのはナゼなのでしょうか?

それは、

「購入者が自己判断で使用するにはOK、でも責任は負いませんよ。」

ってことです。

ジュンビーは雑貨扱いで簡単に販売できるにもかかわらず、あえて体内に入れるものだから管理医療機器の認証を得て誠実に取り組んでいるんですね。

管理医療機器とは

管理医療機器といわれてもピンとこない人も多いと思うので説明します。

医療機器とは4つに分類されています。

@一般医療機器(クラスT)
A管理医療機器(クラスU)・・・ジュンビーのピンクゼリーはコレ
B高度管理医療機器(クラスV、W)
C特定保守管理医療機器

それぞれの詳細は割愛しますが、管理医療機器の具体例はコンタクトレンズやコンドームなどです。

 

サイトマップ